歯科矯正治療に伴う一般的なリスクや副作用について

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
048-882-6215
月金土9:30-13:00 / 14:30-19:00 火水14:30-20:00 休診:木日祝
アクセス・地図 カウンセリング お問い合わせ

歯科矯正治療に伴う一般的なリスクや副作用について

  1. TOPページ
  2. 歯科矯正治療に伴う一般的なリスクや副作用について

矯正歯科治療を円滑に進めていくためには、私どもが最善を尽くすのはもちろんですが、患者さんによるご協力と治療に関する知識を共有していただく必要があります。
矯正治療にはいくつかの起こりうるリスクと副作用がありますので以下に列挙いたします。

  1. 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2 週間で慣れることが多いです。
  2. 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、時間をかけて丁寧に磨きプラークを取り除く必要があります。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。治療中にむし歯や歯周病が見つかった場合は、かかりつけ医にて治療をしていただくことがあります。
  3. 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  4. 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
  5. ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  6. ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
  7. 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
  8. 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  9. 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  10. 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
  11. 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
  12. 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  13. 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。これは食事や咬み締めなど様々な原因で日常生活においても起こるものです。ほとんどの場合は症状がなく治療の必要もありません。
  14. 治療後、歯は元々の位置に戻ろうとする傾向があります。そのため装置が外れた後、保定装置(リテーナー)を使用していただくことで、後戻りを最小限に抑えることができます。使用方法や使用時間、使用期間についてはこちらから説明いたしますので、必ず指示に従ってください。当院では保定観察期間を5年設けておりますが、その後全く後戻りをしないというわけではありません。可能であれば、保定観察期間終了後も保定装置(リテーナー)を使用することをお勧めいたします。
  15. 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
  16. あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  17. 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
  18. 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

ページの先頭へ戻る

浦和駅東口の地図

JR「浦和駅」東口より徒歩3分
浦和パルコ東側

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
048-882-6215
月金土9:30-13:00 / 14:30-19:00 火水14:30-20:00
休診:木・日・祝
カウンセリング お問い合わせ

〒330-0055 埼玉県さいたま市浦和区東高砂町20-5

診療時間表

三戸天元:日本矯正歯科学会認定医

三戸三奈代:日本矯正歯科学会認定医

年代別矯正

装置の種類・矯正方法

診療カレンダー

:休診日
:休日矯正相談日(10-13時)

初診相談は診療時間中に随時受付しております。また、月に一度休日相談日を設けております。一人一人に十分な診療時間を確保するために予約制をとっております。さいたま市内で矯正歯科治療をお考えの方は、お電話でご予約の上、ご来院下さい。

治療の流れ・費用など

ブログ

クレジットカード

ページの先頭へ

さいたま市の矯正歯科 大人・子どもの歯並びなら埼玉県の浦和矯正歯科クリニック