非抜歯矯正 埼玉県さいたま市浦和区 なるべく抜かない

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
048-882-6215
月金土9:30-13:00 / 14:30-19:00 火水14:30-20:00 休診:木日祝
アクセス・地図 カウンセリング お問い合わせ
非抜歯矯正

非抜歯矯正(なるべく抜かない矯正)

  1. TOPページ
  2. 矯正歯科
  3. 非抜歯矯正(なるべく抜かない矯正)

当院では、主にSAS(スケレタル・アンカレッジ・システム)と呼ばれる治療のシステムを利用して、歯を抜かない矯正、いわゆる「非抜歯矯正」治療を行っております。すべての歯並び・不正咬合が対象にはなりませんが、まずはお気軽にご相談ください。

従来の非抜歯矯正とは

従来の非抜歯矯正は歯列の側方および前方への拡大によるものです。この手法は、軽度の叢生には有効な手段ですが、中等度以上の叢生の場合には口元の強い突出感が生じ、好ましい治療結果が得られませんでした。

また、出っ歯や受け口等の問題がある場合には、その大幅な改善は困難であり、きれいに並んではいるものの、咬み合わせは改善していないという事象が見受けられました。

インプラント矯正による非抜歯矯正とは

インプラント矯正
▲インプラント矯正

当院ではチタン合金製のミニプレートとミニスクリューの2種類を使用して、なるべく抜かない矯正を行っております。

⇒インプラント矯正についてはこちら

インプラント矯正では、今までほぼ不可能とされていた、「奥歯を後方へ動かす」、「奥歯を沈める」といった3次元的な歯の動きができるようになりました。従来の矯正治療では、歯列の途中の歯を抜いて治療する場合が多々ありましたが、インプラント矯正では、歯列の途中の歯を抜かなくても治療できることが多くなりました。

また、歯を目的の移動量を確実に動かせるようになるため、従来よりも仕上がりが良くなったり、治療期間が短縮されたりすることもあります。

ページの先頭へ戻る

SAS(スケレタル・アンカレッジ・システム)

ミニプレート
▲SASで使用されるミニプレート

もしも歯を抜いたのと同じくらいのすき間を得ることができれば、抜歯を行う必要はなくなります。これを可能としたのが母校の東北大学で菅原準二先生を中心に開発されたSAS(スケレタル・アンカレッジ・システム)です。

SASは歯を抜かなくても大きなスペースを作ることが可能となります(*もちろんSASを用いた歯を抜かない治療を行うことが出来ない症例もございます)。

SASについて、詳しくはこちらをご覧ください。

他院ではなかなかできない提案だと思います

矯正歯科医
日本矯正歯科学会認定医より

当院では、歯を抜いた場合と、抜かない場合の2つのゴール設計図をご提示いたします。また患者さんが視覚的にイメージしやすいように石膏模型でも手に取っていただいてお見せいたします。

このご提案は手間暇がかかるので、模型まで使ってゴールをお見せしているクリニックは少ないと思います(この石膏モデルはセットアップモデルと呼ばれます)。

当院では、たいていのケースで非抜歯矯正が可能ですので、他院ではなかなかできない提案だと思います。また、インプラント矯正で幅の確保が多ければいいというわけではありません。症例にもよりますが、インプラント矯正で約4mm以上動かさなければいけない場合は、通常抜歯のご提案を最初に行っております。そのほうが治療がシンプルに進められ、患者さんの負担も軽減できるためです。

非抜歯矯正について、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る

非抜歯矯正・よくある質問Q&A

他院では抜歯が必要と言われました
当院では抜歯せずに治療が可能な場合もあります全てではありませんが、他院で抜歯が必要と診断された患者さんが、当院で抜歯をせずに矯正治療を行えているケースもあります。矯正歯科は1医院だけで決めずに何医院が回られることをおすすめいたします。きっとあなたにとって最適な治療方法が見つかることと思います。
できるだけ歯を抜かないで治療したいのですが…
できるだけ健康な歯を抜かない方針をとっております成人の方は、場合によっては全ての歯を使うことが逆に良くないこともあります。特に、凸凹がひどい場合、あごの骨が小さい場合、かみ合わせのズレが大きい場合、口元に審美的・機能的な問題がある場合などでは、やむを得ず一部の歯を抜き、全体を助ける選択肢をとることもあります。従来の治療方法では、一部の歯(小臼歯)を抜いて治療する場合がとても多かったのですが、現在ではインプラント矯正を併用することで、親知らず以外の歯は抜かずに治療できる場合が多くなりました。
非抜歯矯正に痛みはありますか?
治療自体の痛みは、通常の矯正治療と変わりません SAS埋入時には外科的な処置が必要となるため多少の痛みを生じますが、その後の矯正治療に関しては、ミニプレート自体が痛みを生じることはないため、通常の矯正治療と何ら変わりありません。
非抜歯矯正のデメリットはあるでしょうか?
その手法により異なります 従来の歯列の拡大による非抜歯治療では、デコボコの程度がひどい場合などで、無理に歯列の拡大を行おうとすると、前歯が前に大きく傾斜して口元が突出してしまったり、歯が骨の範囲を超えて並ぼうとすることで歯ぐきが下がってきたりすることがあります。
またSASを用いた非抜歯治療では、外科的な処置が必要になることと、治療費用が高額になりやすいことがデメリットと考えられます。

⇒インプラント矯正についてはこちら

ページの先頭へ戻る

浦和駅東口の地図

JR「浦和駅」東口より徒歩3分
浦和パルコ東側

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
048-882-6215
月金土9:30-13:00 / 14:30-19:00 火水14:30-20:00
休診:木・日・祝
カウンセリング お問い合わせ

〒330-0055 埼玉県さいたま市浦和区東高砂町20-5

診療時間表

三戸天元:日本矯正歯科学会認定医

三戸三奈代:日本矯正歯科学会認定医

ブログ

クレジットカード

ページの先頭へ

さいたま市の矯正歯科 大人・子どもの歯並びなら埼玉県の浦和矯正歯科クリニック