インプラント矯正 さいたま市浦和区

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
048-882-6215
月金土9:30-13:00 / 14:30-19:00 火水14:30-20:00 休診:木日祝
アクセス・地図 カウンセリング お問い合わせ
インプラント矯正

インプラント矯正

  1. TOPページ
  2. 矯正歯科
  3. インプラント矯正

インプラント矯正とは、通常の矯正治療と併用して、歯を動かす時の確実な支えになる 「矯正用インプラントアンカー」という装置を用いる、非常に有効な最新の治療法です。当院では治療のオプションの一つとして、この治療方法をご提示することができます。

当院では目的に応じて2種類の矯正用インプラントアンカーを使用して、治療を行っております。
(チタン合金製※のミニプレートとミニスクリューの2種類)

ミニスクリュー型(歯科矯正用アンカースクリュー)

ミニスクリュー型
▲ミニスクリュー型

従来の矯正治療では『動かしたい歯を動かし、動かしたくない歯を動かさない』ために、症例によっては顎外固定装置と呼ばれるお口の外に装着する補助的な装置を、お家の中で使用して頂く必要がありました。
アンカースクリューは、特に治療難易度の高い抜歯症例において、歯を確実に移動する為の固定源として用いられ、患者さんの治療への協力を最小限にすることが出来ます。

ミニプレート型(歯科矯正用アンカープレート)

ミニプレート型
▲ミニプレート型

アンカースクリューは歯根間に埋入することが多いため、歯の移動に制限があるのに対して、アンカープレートはより深部に埋入するため、より大規模な歯の移動が可能になるとともに、大きな荷重に耐えられるため、きわめて複雑な歯の移動を支えることができます。

今までほぼ不可能とされていた、「奥歯を後方へ動かす」「奥歯を沈める」といった3次元的な歯の動きができるようになりました。従来の矯正歯科治療では、歯列の途中の歯を抜いて治療する場合が多々ありましたが、歯列の途中の歯を抜かなくても治療できることが多くなりました。また、歯を確実に動かせるようになるため、従来よりも仕上がりがよくなったり、治療期間が短縮されたりすることもあります。

※チタンは生体親和性に優れた金属で、骨折の接合や人工関節、人口歯根などに用いられます。矯正用インプラントは小手術で口腔内の骨に固定されるので、矯正治療中、外から見えることはほとんどありません。矯正用インプラントは矯正治療が終了後、撤去する必要があります。

ページの先頭へ戻る

メリット・デメリット

○メリット

×デメリット

インプラント矯正の第一人者の先生に師事

インプラント矯正の著書
▲院長・副院長ともにインプラント矯正に関する学会発表や論文、分担著書の実績があります。

インプラント矯正治療に関しては、当時この分野の先端施設で、第一人者の先生方とともに治療の根拠を学術的に構築しながら治療を行ってきました。

従来の治療方法を踏まえた上で、インプラント矯正治療の長所・短所を十分に理解して適切な応用を行うことにより、非常に大きな利点を提供し、治療満足度をいっそう向上させることができます。

インプラント矯正を使用した非抜歯矯正についてはこちらをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

スケレタル・アンカレッジ・システム(SAS)とは

スケレタル・アンカレッジ・システム
▲SAS

もしも小臼歯(前から4番目または5番目の歯)を抜かずに、小臼歯を抜いたのと同じくらいの空隙を得ることができれば、抜歯を行う必要はなくなります。これを可能としたのが母校の東北大学で菅原準二先生を中心に開発されたスケレタル・アンカレッジ・システム(以下SAS)と呼ばれるインプラント矯正です。

SASはインプラント矯正の種類の中でも、最も歴史のあるものの一つです。歯を支える骨にチタン製のミニプレートを埋入し、歯を動かす際の絶対的な固定源とする方法です。これを支えにして奥歯を後方へ移動することにより、歯を抜かなくても大きなスペースを作ることが可能となります。

通常の矯正治療における歯の移動は、歯と歯の引っ張り合いや押し合いによって行うものが多く、例えば奥歯と前歯の間にバネを入れて押し合いをすれば、奥歯は後方に移動しますが、反作用として前歯も前方にあおり出されてしまうという不都合が生じてしまいます。

ところがSASは絶対的な固定源として働き、他の部位に影響を与えずに奥歯だけを動かしたい量だけ動かすことが可能です。ヘッドギアという装置も長時間かつ長期間の使用によって上の奥歯を後方へ動かすことが可能ですが、患者さんの協力が非常に重要で、口の外に装着する装置ですから、一日中使用することはまず不可能だと思います。一方SASは口腔内の装置で、着脱の必要が無いため、確実な歯の移動を行うことが可能です。

インプラント矯正治療ではプレート埋入と撤去の際に外科的な処置が必要となります。もちろんSASを用いた歯を抜かない治療を行うことが出来ない症例もございます。しかし、その点を充分に考慮した上でも、今までの矯正治療では得られない非常に大きな利点を持っており、高い治療満足度を提供できるものと確信しております。

興味のある方は、是非一度ご相談下さい。関連ページ⇒非抜歯矯正についてはこちら

ページの先頭へ戻る

浦和駅東口の地図

JR「浦和駅」東口より徒歩3分
浦和パルコ東側

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
048-882-6215
月金土9:30-13:00 / 14:30-19:00 火水14:30-20:00
休診:木・日・祝
カウンセリング お問い合わせ

〒330-0055 埼玉県さいたま市浦和区東高砂町20-5

診療時間表

三戸天元:日本矯正歯科学会認定医

三戸三奈代:日本矯正歯科学会認定医

ブログ

クレジットカード

ページの先頭へ

さいたま市の矯正歯科 大人・子どもの歯並びなら埼玉県の浦和矯正歯科クリニック